Honda メーカーサイトはこちら

港店
休店日
毎週水曜日営業日カレンダー
営業時間
10:00 - 18:30

住 所
〒105-0023 東京都港区芝浦1-6-4
T E L
03-3456-5211
F A X
03-3456-5009
E-mail
minato.ctk00@honda-auto.ne.jp※メールのご返信までお時間がかかる場合がございます。

新着店舗ブログ

◆  贅沢なクルマ Part 1 ◆

【2018.11.15】

こんにちは、ボクは贅沢なクルマCIVIC HATCHBACKです。シビックのくせにどこが贅沢なんだ?とお感じになって...

ブログ一覧を見る

アクセスマップ ストリートビューで見る

■車:
第一京浜(国道15号線)の芝4丁目の信号をお台場方面へ曲がり、最初の信号を越えた右側の白いガラス張りの建物です。
■公共交通機関:
最寄り駅は、ゆりかもめ線 日の出駅 徒歩5分、JR山手線 田町駅 徒歩10分、浜松町駅 徒歩10分、都営地下鉄三田線 三田駅 徒歩10分です。
  • キャンペーン
  • スタッフ紹介
  • 展示車・試乗車を探す
  • 中古車を探す

店舗ブログ

9件中 1 - 5件目 を表示中 次の4件
[港店] ◆  贅沢なクルマ Part 1 ◆  
2018/11/15




こんにちは、ボクは贅沢なクルマCIVIC HATCHBACKです。

シビックのくせにどこが贅沢なんだ?とお感じになっている
あなた、そう、あなたはかなりご年配の方ですよね?

1972年生まれのボクも確かに今年で46歳の
おじさんになりました。

まあ確かに名前も日本語では「市民の」と言う
名前なので、贅沢とは程遠い名前に違いはありませんが、
今の若い人達にとってボクは、人気のバンドにCMに出て
もらっている、ちょっとイケてるオヤジなんですよ・・・・
そう、見た目の通りの「チョいワル・オヤジ」

そんなボクは、栃木で産まれて鈴鹿で育ちました、でもいろいろと窮屈
な日本を飛び出してイギリスに飛び出した、そうプレミアリーグに
移籍したサッカー選手のように外国へ活躍の場を求めました。

自動車が生まれた本場ヨーロッパはやっぱり厳しかった、速度無制限
のアウトバーンを走るには強いフィジカルや足腰、そして強い心臓が
求められますからね、そりゃ否が応でも鍛えられますよ、時速150km
で巡行するなんて当たりまえだし、場合によっては時速200km以上の
超高速走行もこなさなくてはならいのが当たり前の環境で7年間も鍛えら
れました。

そしてここからが本題ですが、何故10代目のボクが贅沢なクルマかと
言うと、ヨーロッパにおける8代目と9代目のボクはフィットのプラッ
トフォームを採用してTYPE−R用のボディーには補強を施していま
した。

センタータンクレイアウトのプラットフォームでしたから、アップライト
なドライビングポジションは、ちょっとスポーティーなものではなかった
かも知れません。

しかし10代目のボクのボディーはセンタータンクレイアウトをやめて
ロー&ワイドになっただけではなく、最初からTYPE−Rありきで
車体の設計がされているので超高剛性な車体に仕上がっています。

そうです、ボクの体は320PSの出力を受け止める体ですから、
すごく余裕があります。
俗にいう「エンジンより速い車体」と言うヤツです。

初代のフォルクスワーゲンのトゥアレグがポルシェのカイエンと同じ
車体を採用していて贅沢なボディーを持つクルマを言われたのと同じ
ことです。

ヨーロッパで鍛えられて、TYPE−Rの体を持つそんなボク、国産
のクルマだとちょっとライバルはいないかも知れません、もし比較さ
れるなら、ドイツのメーカーのコンパクトカーのベンチマークと言わ
れるW社とかMB社のAクラス、B社の1シリーズ当りでしょうか?

当然負ける気はしません、なんといってもニュルブルクリンク・サー
キット世界最速FF車の車体と、排気量をダウンサイズしたエンジン
は伊達ではありませんから。

ちなみに兄貴のTYPE−RはFF車ニュル世界最速記録のタイトル
ホルダーをフランスとドイツのクルマと争っていますが、兄貴だけが
唯一リアシートがあります、他のクルマは軽量化のためリアシートを
外して車体を軽くしタイムを出しています。
チャンと実用も考慮しているところが「市民の」と言う名前のCIVIC
たる所以だと思います。

やっぱり本田宗一郎が作った会社のクルマですからね、実用も疎かに
はできません。

ね!おやじさん!

※ご存知ではない方もいらっしゃると思いますので解説しておきますと、
 本田宗一郎はおやじさん、と社員の間で呼ばれていました。

文章・写真:岩井 典昭


この記事の感想:0件
[港店] ★ 〇〇始めました ★  
2018/11/05
〇〇始めました

これを見て何を想像しますか?


ボクは圧倒的に冷やし中華始めました

  もしくは

アイスコーヒー始めました

ですかね?

どちらも夏を象徴する食べ物や飲みもの
ですね。

それもこれも夏が終わるとボクは、
これからどうやって生きてゆけばいいのだろか?
なんてセンチメンタルな気分になってしまうせいだと
思います。

もともと冷やし中華もアイスコーヒーも
それらを扱っているお店ではあったもの
なのですが、改めて始めましたと言って
いるんですね。

まあ、これらは季節の風物詩のようなものですが・・・

最近、こういうアピールは大手の外食チェーンでも多いですよね。

よく見かけるのが、「ちょい飲み始めました」では
ないでしょうか?

もともと牛丼屋さんにも、ファミレスにもアルコールは
置いてあって、ボクなんかは、こういう謳い文句を始める
前から利用してました。

でも、意外と灯台下暗しと言うか、牛丼屋さんはさっと入って
腹を満たしてすぐに出るところ、とか、ファミレスは食事とお茶
をするところ、と言う先入観が強かったから再定義する意味と、
じつはアルコールはつまみの需要もいれるとけっこう儲かる
と言うことに気が付いたんでしょうね。

いままではお客さんの回転率を考えるとアルコールを積極的に
販売するのは逆行しますからね。

こういう商品は私たち自動車ディーラーにも実は
あったりします。

以外かも知れませんが、自動車ディーラーはクルマを販売する
ところで、整備は別の場所と思っているかたも多かったりします。

特に都心のディーラーですと外から工場は見えませんからね。

ましてや自動車保険を自動車ディーラーが扱っているなんて
知らない方は多そうだと思いませんか?

保険会社の調査によると自動車ディーラーで自動車保険の
取り扱いをしていることを知っている人は30%にとどまる
と言う調査もあるくらい、実は認知されていなかったりします。

ですから、あらためてアピールさせていただきます。


自動車保険始めました


もちろん港店で自動車保険にご加入いただくのが
一番うれしいのですが。

まずは・・・・・

ホンダトータルケアに登録の際に自動車保険の情報も
登録しておくと、イザという時にオペレーターの方が
保険会社への取次もしてくれますので、現在ご加入
の保険証券を登録させてください。

これだけでもアクシデントの時の面倒なことが一つ
省けます。

そのうえで、保険の相談もしてください。

ファミレスのちょい飲みみたいに、新しい発見があるかも
知れないですよ。

文章・写真:岩井 典昭








この記事の感想:2件
2
[港店] ハロウィン!!  
2018/10/27


こんにちは♪

ご来店でお菓子をお渡ししています


お近くに起こしの際は是非お立ち寄り下さい


スタッフ一同お待ちしております!!


ご試乗車もございますので、お気軽にスタッフまでお声掛け下さい♪




この記事の感想:1件
1
[港店] 商売繁盛!!  
2018/10/07

いつも港店をご利用頂き、誠に有り難うございます。



先日まで開催しておりました決算セールにおいても、皆様のおかげで大盛況で

終えることが出来ました!重ねて御礼申し上げます!



私どもディーラーだけでなく、街に買い物に出た時などにも、『決算』『セール』『お買得』『今がチャンス』…などなど、煽りまくる台詞が毎日のように頭上と耳の中、スマホの画面に至るまで入って参りましたね。それらに気づき、休みの日なのに仕事のことを考えたりしてしまう、そんなふとした瞬間に「私も商人なんだなあ…」と感じたりします。



さてそんな私も商売人の一人として、年に一回必ず行く場所があります。



その名も



鷲神社



そうです、御存知の方も多いと思います。



11月に開催されます、酉の市に行くのが個人的な定番になっております。


商売繁盛を願う祭事で、今年は3日に分けて開催されるとのことです。



江戸時代から続くそれはそれは由緒正しい祭事でして、細かい由来から話しだすとタイピングに

一晩かかりそうなので割愛します。


初心者の私に言わせると、


『商売繁盛と家内安全を心から願いながら、おいしいお酒と楽しい時間を各自が過ごす場』



です。





一度も行った事がない方はぜひ一度行ってみてください。





これは昨年の酉の市でご縁があった熊手です。






この記事の感想:2件
1
1
[港店] ★ これは!SUVの日本人初グランドスラム制覇のようなものだ! ★  
2018/09/29

すこし話題としては古いですが、日本人テニス選手が

全米オープンで優勝しましたね!


三大新聞でも、グランドスラム日本人初制覇!
と大々的に報道していた通り、本当に身震いする
ほど勇気をもらえたニュースでしたね!

でも、日本人初グランドスラム優勝は、とある外国人男子選手が
車椅子選手の「○○がいるだろ?」と指摘していた通り、新聞や
マスコミの報道に????でしたが、まあそれは置いて
おいて。

わたくし、本日は懺悔しなくてはなりません。

8月30日に発表になったCR-V、その翌週の9月8日には
ナンバーも取得して、お客さまには「乗ってください!」と
おすすめしていたにも係わらず、自分ではずっと乗っていません
でした・・・・・
いくら決算で多忙とはいえ、9月22日まで乗っていなかった
ことをここに懺悔いたします。

しかし、初めて9月22日乗って衝撃を受けたので、この
ブログを書いている次第です。

シビックから採用している、新世代プラットフォームによるしっかり
とした基本骨格、ドライバーの意志にリニアに沿う足腰のサスペンシ
ョン性能はまさに世界で戦ってきた証です。

そしてこの新型CR-Vは、SUVカテゴリーで世界販売台数1位という
実績を引っ提げて日本へ凱旋帰国したクルマです!

まさにSUV界のグランドスラム制覇のようなクルマといっても過言では
ない!と思います。

ハイブリットモデルはまだ発売されていないので、試乗車のご用意
はありませんが、ガソリンモデルも充分にパワフルで快適です。

欧州車にも通じる車体剛性とサスペンション剛性のしっかり
とした走りを一人でも多くの方に体感して頂きたいクルマです。

いちど試乗されてみることをおすすめします。

港店スタッフ一同、皆さまのご来店をお待ちしております。











この記事の感想:0件
9件中 1 - 5件目 を表示中 次の4件

Advertisement